家の顔とも言える玄関設備を見直そう|生活スタイルに合わせた住居

Improvement in the house

住宅に工夫を凝らす

Improvement in the house

古民家をリノベーション

リノベーションが流行っていますが、最近では古民家をリノベーションするということが行われています。 古民家をリノベーションするメリットは、まず古民家の材料は割としっかりしたものであることです。古民家の作り自体は、樹齢100年以上のひのきやケヤキのなどで作られています。樹齢100年のヒノキは、伐採されてからさらに100年経過したときに強度が一番強くなると言われています。乾燥によって適度に水分が抜けてくるからと言うことです。古民家という言葉を聞くだけで、強度に心配を感じますが、強度についてはほとんど心配がいらないのです。 また、柱や梁を再利用できるため、環境に優しいのです。またアレルギー原因の物質が使われていないことも大きな特徴です。

そのデメリットについて

古民家をリノベーションする場合には当然ながらデメリットもあります。まず、断熱性が良くないことです。古民家の多くは、現代の住宅の造りと違い、風通しを良くするような作りになっています。そのため、娘が非常に高く、冬場は部屋を暖めても暖かい空気が上の方に逃げていってしまうのです。 また、耐震性には不安があります。基本的には耐震性黄金の入れるんですが、長年使っていたより重要な部分が1部切り取られたりしていることもありますのでリノベーションの時に注意してみてください。 そして古民家をリノベーションするには、想像以上に費用がかかることです。材料にこだわり出すと古民家自体の希少性が高いため、湯水のように出費してしまうのです。こだわりもほどほどにしておいた方が良いでしょう。