家の顔とも言える玄関設備を見直そう|生活スタイルに合わせた住居

Improvement in the house

手間がかからない照明

Improvement in the house

長寿命なLEDへ交換

照明器具にも耐久年数があるということは、意外と知られていないものです。従来の蛍光灯を使用する場合の照明器具内にある安定器の寿命の目安は約10年であると言われています。しかし、交換するという認識のないまま20年以上使用されているケースもあります。古い照明器具は、火災の原因にもなるため、交換をする電気工事が必要です。新しい安定器に交換するという方法もありますが、LEDを使用することが出来るように電気工事を行うという方法もあります。それにより、LEDの持つ節電効果を発揮することが出来ます。 LEDは従来の蛍光灯に比べると価格が高額になるケースが多いようですが、寿命が長く、交換する手間が無いことから、総合的に見るとお得になることもあります。

照明器具の歴史について

住宅に使用される電球は、様々なタイプがあります。これまで一般的だったのは、白熱電球や蛍光灯と呼ばれるものでしたが、近年利用者が多くなってきているのが、第四世代の明かりと呼ばれることもある「LED」です。LEDは、1962年に発明されて以来、急速に進歩してきています。一般住宅でも、LEDを利用するという人が増えてきています。 LEDが人気を集めている理由としては、電球の寿命が非常に長いということに加えて、節電効果を得ることが出来るということがあります。従来の蛍光灯器具にLEDを取り付けるという場合には、電気工事をする必要があります。今後は、今以上にLEDが一般的になると考えられており、電気工事を行う人も増えると考えられます。